業務内容
お勧め情報
オンラインお問い合わせ 
コンサルティング MSNコンサルティング
中国レンタルサーバー

 

中国語サイトを日本でホスティングするデメリット


万里のファイアー?ウォール(GFW)の影響でアクセススピードが遅くなります

中国国内から海外へのアクセスは、Golden Shield ProjectやGreat Firewall of Chinaとして知られているインターネットのゲートウェイにより、すべて中国政府の検閲を受けています。 これによって、中国国外でサーバーをホスティングするサイトは、

1)中国において表示できない
2)表示できたとしても速度が遅くなる

等、様々なトラブルが生じています。
中国のユーザーをターゲットとしてプロモーションする場合、中国国内でサーバーをホスティングしたほうが効果的です。また、日本国内でサーバーをホスティングする場合でも最低限、中国から問題なく表示されるかどうか確認したほうがよいでしょう。

関連記事

Great Firewall of China(一)
Great Firewall of China(二)
Great Firewall of China(三)
Great Firewall of China(四)
Great Firewall of China(五)

中国のサーチエンジンにインデックスされにくくなります


中国は広大なため、同じ中国国内からのアクセスであっても、サーバー設置場所によってサイト表示速度が変わる可能性があります。よって、潜在顧客の所在地から近いサーバーをレンタルすれば、サイト表示速度がアップすると同時に、検索エンジンの順位や検索エンジンへのwebサイト収録スピードもアップします。

日本でサーバーをホスティングする場合は、中国系サーチエンジンのクローラに見つかりにくくなる恐れがあります。

関連記事

中国のインターネット特有の南北問題事情

中国にはチャイナ?ネットコム(中国網通)とチャイナ?テレコム(中国電信)の2大通信キャリアがあります。現在中国で主流なインターネット接続方式はADSLで、最高スピードは2M/秒ほどです。実際の体感スピードはもっと遅くなります。また、2つの通信キャリア間の通信は極めて遅くなります。

チャイナ?ネットコムのサービスエリアは北京市や天津市など、中国の北部地域を中心としています。一方のチャイナ?テレコムは、上海市や香港など比較的南に位置する地域を中心としています。

このような南北問題を解決するには、両キャリアの回線を引き込んでいる「キャリア?フリー」と呼ばれる中国のデータセンターを利用するのが良いでしょう。

 関連記事


 中国網通
中国電信
中国ネットユーザーのアクセス方法別統計

 

エクスポート?ジャパンのサーバー申請および運営代行サービス


共有レンタルサーバースペック

仕様 ライトプラン スタンダードプラン プレミアムプラン
web容量 100MB 300MB 500MB
DB容量 - 50M 50M
PHP - PHP4/PHP5 PHP4/PHP5
FTP ご利用いただけます ご利用いただけます ご利用いただけます
CGI/Perl - ご利用いただけます ご利用いただけます
ネット回線 キャリアフリー キャリアフリー キャリアフリー

※DB容量、ウェブ容量、メールなどの増設は応相談です。
※2年目以降割引料金

エクスポート?ジャパンのソリューション


 

お客様のニーズに合わせて中国大陸及び香港地域の共有レンタルサーバー?専用サーバーのご提案、申請および運営代行をいたします。

なお、中国国内でのwebサイト開設は許可制になっており、サイトを開設するにはICP登録をする必要があります。弊社では、ICP登録申請代行も合わせて行っております。

関連記事

ICPライセンス(一)
ICPライセンス(二)
ICPライセンス(三)

詳しくは  お問い合わせ  ください。 

 

?中国レンタルサーバー  

お問合せ?お見積り   |   リンク   |   会員センター    |   検索   |   サイトマップ
߿ͷϵͳ