当ページ:ホーム > SEOの記事一覧 > SEOテクニック > ウェブサイトの収録問題を改善要因について
SEOの記事一覧
お勧め情報
オンラインお問い合わせ 
コンサルティング MSNコンサルティング
SEOテクニック

ウェブサイトの収録問題を改善要因について

ウェブサイトの収録問題はSEOの中でいつも存在する問題ですが、ウェブサイトの中でウェブの収録自身の以外のその他のウェブの ために関連性にとても良い内部のリンクを提供します。
サーチエンジンの検索プログラムはリンクを通してウェブサイトに入って、ウェブサイトのリンクを取る方法は広さと深さで、しか し自身のサーバーの資源から見て、普通は広さをまず考慮します。
サーチエンジンにとって、自身のサーバーの中でユーザーにあんまり意味がないページが存在することはできなくて、まずこのよう に自身のサーバーの資源の占用を下げることができて、その他にユーザーエクスペリエンスにとてもいい方面があって、だから、い くつか大量の転載する文章につかまれることに成功しても、前処理段階でフィルタリングされます。
上記上で、、それでは、我々はウェベページに影響を与える要因が見つける。
リンクの論理の構造はウェベサイトの収録に影響。
ウェベサイトの構造がよく言って、SEOに役立つウェベサイトの構造は平たい木の形の網状構造で、その中の構造は大体ウェベサイ トの収録に影響をもたらして、物理の構造の上で、URL層数はいくらあっても、どのくらい深くて、もし比較的に軽いURLの上で比較 的に深いURLウェベサイトを得るならば、同様に収録することができるので、多くの大型のウェベサイトURLは比較的にすべて比較的 に深くて、しかしそれがウェベサイトの収録ことはすべて影響を受け取ることはできない。多くのウェブサイトがGoogleの収録した のはとても良くて、Googleがホームページの品質の判断に対して比較的に広い以外、それはまた直接地図の文章に提出することを支 持して、普通はGoogleウェブサイトのツールの中で提出するあるいは地図のファイルをrobots.txtファイルに置くことにSitemapで 命令して、Googleのサーチエンジンがrobots.txt ファイルえをつかむ時に、その中の地図の引用を検査します。
robots.txtファイルに加えて、ウェベサイトで地図のファイルを放置することができて、全体のウェブサイトの重要なディレクトリ と更新ファイルはその中に置いて、そうすると、新しいウェベサイトの収録に促します。 
上記の方法で、主にサーチエンジンの広さから良好なウェベサイトの収録方法を創立して、同様な深さは軽視することができません 。ウェベサイトの中のリンクについて、いい内部のリンクがエンジンに促してつかむ以外、異なる緯度のリンクを構造して同等重要 です。その二つ注意点も重視して、ウェベサイトの収録はいつか改善できます。

クリック量:  更新時間:2011-10-12 15:05:54  【このページを印刷する】  【クローズ
お問合せ?お見積り   |   リンク   |   会員センター    |   検索   |   サイトマップ
߿ͷϵͳ