当ページ:ホーム > 中国SEO情報 > 中国語ウェブサイト関連法律 > 宝ネットはインタネットの連盟体系をスタートして、駅長に10億元の収入を持ってくれて
中国SEO情報
お勧め情報
オンラインお問い合わせ 
コンサルティング MSNコンサルティング
中国語ウェブサイト関連法律

宝ネットはインタネットの連盟体系をスタートして、駅長に10億元の収入を持ってくれて

 

テンセントの科学技術のニュースによって、宝ネット今日インタネット連盟体系の「宝ネット連盟」をスタートすることを宣言して、今年の年間だけ協力する連盟のウエブサイトに10億元の収入をもって上げられると称します。
  最新の報告によって、2009年にまで中国で各種のウエブサイトは323万戸を超えて、その中に、固定的な広告や収入源がない中小ウエブサイトは98%以上を占めます。近頃、谷歌の中国の戦略の調整に従って、これらの中小ウエブサイトの生存空間はもっと狭くなって、ウエブサイトの収入に頼って生存する中小ウエブサイトの駅長は発展の困難に面します。
  宝ネットは「宝ネット連盟」伝統的な広告形式を除いて、もっと多くのはウエブサイトの内容の深く協力する形式を採用して、たとえば、協力するウエブサイトを助けて、商城をたって、植入式APIの協力を採用するなどのような形式がある。宝ネットが提供するデータのルービックデータサービスを通じて、すべてのウエブサイトは電子商取引の基礎のサービスの便利さが分かち合われます。
  聞くところによると、この前に公表する「シロナガスクジラ計画」は「宝ネット連盟」の一部分です。「シロナガスクジラ計画」を含めて、宝ネット連盟は協力するネットのために一連のマーケティングの法案を設計して、宝ネット連盟は今年連盟サイトに10億元の利益を持って上げるつもりで、これを通じて広告主、サイト主や連盟自身は同時に利益を得ます。
クリック量:  更新時間:2010-04-08 16:30:20  【このページを印刷する】  【クローズ
お問合せ?お見積り   |   リンク   |   会員センター    |   検索   |   サイトマップ
߿ͷϵͳ