当ページ:ホーム > 中国SEO情報 > 中国インターネット環境 > 淘宝ネットは日本の取引先をサービスが良いことさえすれば、全世界の取引先にサービスができる
中国SEO情報
お勧め情報
オンラインお問い合わせ 
コンサルティング MSNコンサルティング
中国インターネット環境

淘宝ネットは日本の取引先をサービスが良いことさえすれば、全世界の取引先にサービスができる

アリババグループの理事局の主席兼CEOの馬雲は、今日開催したのが淘宝ネットのヤフージャパンの略伝協力で記者会見上に表して、もし淘宝ネットは日本取引先をサービスが良いことがさえすれば、全世界の取引先にサービスができます。日本取引先が全世界で最けちをつける取引先のためです。


淘宝ネットとヤフージャパンの双方は今日の宣言して、淘宝ネットとヤフージャパンはそれぞれ2つネットを建設して、プラットフォームを買って、見通しが6月初にいっしょうに出します。双方の計画によって、淘宝ネットとヤフージャパンは戦略で協力の基礎上に、双方のデータを通じてドッキングして、全面的に中国と日本のネットを通じて、プラットフォームを買います。

双方はそれぞれ2つプラットフォームを建設して、“淘日本”と“中国ショッピングセンター”。その中が淘宝ネット上に“淘日本”を架設するのは淘宝ユーザーに日本製品の中国語プラットフォーム を提供するので、ヤフージャパンで“中国ショッピングセンター”を架設するのが、ヤフージャパンユーザーに中国製品の日本語プラットフォームを提供するのです。

馬雲と言う、アリババが日本に入った後で、たくさんものを習ってもたくさん経験を蓄積して、私は中日市場が関係を競争するのではありませんと思います。とても大きい協力の空間を持つので、例えば、日本市場がとても深いのはあまり広くなくて、まだは中国市場が比較的に浅いのはとても広くて、双方の補完性はとても強いです。
私はしっかりと思って、中国企業はもし日本企業にサービスしたことをマスターした後に、全世界の取引先にサービスができます、日本取引先が全世界で最けちをつける取引先のためだと馬雲が言います.

クリック量:  更新時間:2010-05-10 16:35:58  【このページを印刷する】  【クローズ
お問合せ?お見積り   |   リンク   |   会員センター    |   検索   |   サイトマップ
߿ͷϵͳ