当ページ:ホーム > 中国SEO情報 > 中国インターネット環境 > 谷歌は新のページに批判されて直せば直すほどよくない
中国SEO情報
お勧め情報
オンラインお問い合わせ 
コンサルティング MSNコンサルティング
中国インターネット環境

谷歌は新のページに批判されて直せば直すほどよくない

谷歌の先週行った捜索結果のページ改版に対して、多くユーザーは不平をこぼして、直せば直すほどよくないです。
先週、谷歌は全世界の範囲内で版を改良する捜索結果のページを行います、いくつかの新しい機能を溶け込みました。例えば、ページの左側を捜索して、パネルを加えって、濾過のツールを含んでいって、時間あるいは関連している性などで、オプションのソーティングする捜索結果ことができますで。
それ以外に、谷歌はまた色調と商標に対して外観と質感を調整しました。谷歌の表示はこの変化はとてもかすかで、ページを簡単に面白いと言えさせて、全体の外観は更にファッションです。
しかしユーザーはこのように思いません。インターネット利用者は威廉姆·乔治(William George)、新しい設計“怒らせて、嫌がられる”と表しています。乔治は、谷歌は最大の優位が簡潔で、迅速に必要の内容を探し当てることができて、改版の後で便利ではありません。
インターネット利用者は“Coronus”を言って、新しく設計してまったく捜索結果のページを昇格させていないで、かえってもっとめちゃくちゃになります。インターネット利用者は约翰·萨瑟兰德(John Sutherland)と言って、谷歌は今回の改版で、ただスポンサーだけに迎合して、ユーザーではありません。

クリック量:  更新時間:2010-05-11 13:28:44  【このページを印刷する】  【クローズ
お問合せ?お見積り   |   リンク   |   会員センター    |   検索   |   サイトマップ
߿ͷϵͳ