当ページ:ホーム > 中国SEO情報 > 中国インターネット環境 > 360は捜狐と合弁会社を建てることを否定する
中国SEO情報
お勧め情報
オンラインお問い合わせ 
コンサルティング MSNコンサルティング
中国インターネット環境

360は捜狐と合弁会社を建てることを否定する

谷歌が中国から退出した後で、国内サーチエンジン会社も発力しました。捜狐CEOーー張朝陽は表示して、谷歌が中国から退出した後に、そのサーチエンジンに大量の市場占有率を残して、2010年に捜犬が捜狐の第1重点になりました。
360は巨大なユーザー群とユーザーデスクトップのクライアント方面の巨大な優位を持って、その創始者周鸿祎はかつて有名な3721を創設したことがあって、とても早い前は捜索技術で方面に多くの蓄積があります。
今日は360に伝えて捜索の領域に進出したいと思います、捜狐と合弁会社のニュースを創立した後に、多くの専門家も認めて、百度の構成が致命的な脅しに対して、双方の結合を思っています。
でも、360関係者は腾讯に対して表してこれはデマで、360がまったく存在しないで捜狐と合弁会社を建てて捜索に進出しました。
捜狐CTOと兼ねて捜狐CEOーー王小川が表示して:360に対して捜狐と合弁会社を建ててことを知らないで、現在に評論をしにくいです。でも、彼は捜犬が1、2ヶ月を過ぎて比較的に大きいニュース宣言があると表しています。
先週は金山と奇虎360あいだの口げんかに対応して、捜狐CTOと兼ねて捜狐CEOーー王小川が表示して、360安全な護衛は“金山ネットと兼ねることを放棄する”が、1種安全な生態環境に背く不公平な競争だ。

クリック量:  更新時間:2010-05-26 11:37:23  【このページを印刷する】  【クローズ
お問合せ?お見積り   |   リンク   |   会員センター    |   検索   |   サイトマップ
߿ͷϵͳ